頭痛・肩こりなど

不定愁訴

近年咬み合わせと身体の関係が重要視され、特に咬合と肩こりや、頭痛、腰痛などが密接に関係していることがいわれています。特にこれは不定愁訴と呼ばれるもので、病気として取り扱われているものではなく、単に身体の不調として取り扱われています。当院においても不正咬合の治療で来院した患者さんが治療前に訴えていた症状が治療の進行とともに症状が消失してくることを経験しています。これは咬み合せと全身症状が密接に関わっていることを示すもので。特にこうした症状を訴えるひとには本来の正常な咬み合せに比較して、前後的、側方的、垂直的な問題を持っています。

ひとは一般に許容範囲というものがあります。こうした歪みやずれがあっても必ずしも症状を訴えることはありません。また、一般に若年者ではこうした症状を訴えることは少ないように思われます。すなわち各部の組織の活性が高く、身体自身の柔軟性も大きいからだと考えられます。しかしながらこうした許容範囲は年齢とともに徐々に小さくなってきます。特に成人以降はこうした症状が顕在化し、症状によっては内科、耳鼻科、整体などで受診することになります。

ところで私たちの下アゴは頭蓋から筋肉で吊り下がった状態にあります。この下アゴの動きが何らかの原因で自由な動きができなくなると周囲の筋肉は常に歪みが生じてきます。最も大切なことはこのアゴの動きが制約を受けないで自由な動きができることです。この制約を生じる原因のひとつが咬み合せです。本来よりも大きく前方、側方、垂直方向に咬み合せがずれてくると、アゴの動きは自由な動きができず、周囲の筋肉に負担をかけてきます。
私たちが毎日着ている洋服も適切なサイズが重要です。大き過ぎず小さ過ぎず、どちらに傾いても身体の動きの邪魔になります。咬み合せも同様です。

下アゴは上アゴという洋服の範囲の中で運動をしています。このとき、上アゴの歯並びや個々の歯の位置、傾斜などが下アゴの動きと密接に関係しています。
重要なことは下アゴが本来の自由な運動できることが最も重要なことなのです。
矯正治療はただ単に審美的な観点から歯を揃えているものではなくこうした大変重要な要素を含んでいます。

治療中

歯列弓が前後的左右的に狭窄していて、歯の排列状態が悪く、アゴの動きが制約されている
治療後

歯列弓を前後,左右に拡大し排列状態の改善に伴いアゴの動きが改善, 同時に 頭痛肩コリも大きく改善されている

「肩コリ、頭痛の出やすい咬み合わせ」

正常な咬み合わせに比べて深い咬み合わせを示す場合、下の前歯が前方から殆ど見えていません。
このように咬み合わせが深くなるとアゴは自由な動きが制限され、場合によってはアゴの成長にまで影響を及ぼしてきます。
この結果、咬み合わせの時には常にアゴを後方に牽引する筋肉が働いてきます。こうした状態は、首や肩の周囲の筋肉に過剰な負担となり筋肉のコリ(緊張状態)となって現れてきます。
正常な咬み合わせ

前から見て咬みあわせの深さが適切で下の歯が正しく見える正常な咬み合わせの状態
前後的、垂直的、側方的にも安定した咬み合わせ

正常な人のアゴの筋活動

アゴは自由な動きをすることができ、アゴに付着しているそれぞれの筋肉はバランスの取れた筋肉の活動を示している 。一部の筋肉に過緊張のない
バランスのとれた頭位

アゴの筋肉(咀嚼筋)と頚部の筋活動のバランスが取れている

*矢印は筋肉の方向及び活動の強さを示している

深い咬み合わせ

A

咬みあわせが非常に深く、下アゴの前方成長に影響を及ぼしている

B

写真の患者さんは咬みあわせがさらに深く、下の前歯が上アゴの歯ぐきに咬み込んでいる
また、上の前歯が内側に傾斜して下アゴの動きが制限され、肩コリや頭痛など多くの症状を訴えている

C

咬み合わせが非常に深く上の前歯が強く内側に傾斜し、下アゴの成長に大きく悪影響を及ぼしている
その結果、下顎後退症を示し強い肩コリを示す
こうした深い咬み合わせは下アゴの自由な動きを制限し、首や肩の強い筋肉のコリの原因となる
矯正治療により上の前歯の位置を前方に移動し、下アゴが後方に咬み込む状態を改善し、下アゴの自由な動きができる様な筋肉の活動パターンにする必要がある


深い咬み合わせの人のアゴの筋活動

アゴの筋肉(咀嚼筋)の筋の過緊張が頚部に負担を及ぼす

上の口腔内の写真のように前歯の咬みあわせが深くなる にともない咀嚼時、アゴに付着している筋肉の中でも一部の筋肉に異常な筋活動を示し てくるようになる  特にアゴを後方に引っ張る筋肉(側頭筋、咬筋、顎二腹筋、オトガイ舌骨筋など)に異常な筋活動が認められてくると肩の筋肉にも同様に筋の緊張が生じ、これが一般にいう肩のコリや頭痛となって表れてくる 矯正治療により咬合の改善を行なうことによってこれらの筋肉の異常筋活動は改善されてくる
*矢印は筋肉の方向及び活動の強さを示している

頭痛 これは筋肉の歪みが首の周囲の筋肉に生じ、その結果、首の周りの筋肉が凝った状態と成ります。これら筋肉の中を通る血管は圧迫され頭の方に十分に血液が流れることができなくなります。その結果起こるのがこの頭痛です。頭痛の殆どはこの筋緊張性の頭痛と言われています。
肩こり 一般に頭痛が生じるときはこの肩こりも同時に起きます。首や肩の筋肉は互いに密接に関係し、これらの筋肉が凝って緊張状態になってくると頭痛も生じてきます。
腰痛 一般にアゴのずれによって筋肉のバランスが崩れ姿勢が悪くなってくると腰椎の周囲の筋肉に緊張である歪みが生じてきます。そしてそれが腰椎の周囲の筋肉の過緊張となったり、さらには腰椎の中の神経を圧迫して痛みとなってきます。肩こりは単に筋肉の過緊張によって生じる硬直や痛みですが、腰痛は場合によっては腰椎の圧迫やずれによって生ずる神経の痛みとなることがあります。
なお、肩こり、頭痛等でお悩みの方のご相談は、072-622-7172もしくは、メールでも受け付けております。 (質問内容および写真等は、秘密厳守致します)

咬み合わせと肩こりの関係についての具体例

スポーツ選手の運動能力の向上
ゴルフボール大の大きな肩の「コリこぶ」!
咬み合わせ
咬むという動作
不定愁訴とは
筋肉の凝り
咬み合わせが引き起こす歪み
目や耳の問題と咬み合わせ
アトピーと咬み合わせ
中学生も肩コリ

咬み合わせと肩こりの関係についての文献

河野正司ほか:側頭部、頸部、肩部の運動筋および咀嚼時の疼痛、デンタルダイヤモンド増刊号「顎関節症こんな患者が来院したら」40-50、東京:デンタルダイヤモンド社、1993
佐藤康弘ほか:種々の咬合機能時に見られる胸鎖乳突筋の co-activationhの特徴について 顎機能 11:79-86、1993
河野正司ほか:Anterior Guidanceの異常に由来すると考えられる胸鎖乳突筋の疼痛症例、補綴誌、31(2):409~412、1987
吉田恵一ほか:水平的咬合位の異常により招来した胸鎖乳突筋疼痛症例とその発症機構の一考察、補綴誌、35:特別号、111、1991
稲井哲司ほか:顎関節症における顎頭蓋の圧痛の発現様式、補綴誌36:799-809,1992
河野正司ほか:アンテーリアル・ガイダンスの不良と胸鎖乳突筋にみられる疼痛、顎機能3:195-198、1985
関本智信ほか:下顎後退位における噛みしめ時の胸鎖乳突筋の活動。補綴誌、43(3):568~574、1999
Graber,T.M.:Overbite,the dentist’s challenge. J.A.D.A.,79:1135~11451,1969
鈴木光雄ほか:CMD症状を伴ったアングルⅡ級2類の患者に対する矯正学的補綴学的アプローチ。顎咬合誌、17(3):149~157、1996
石川達也:今なぜ全身咬合か、日本全身咬合学会雑誌、1(1):5-10,1995