咬み合わせの改善による競輪選手の活躍

2月後半から田中が大活躍。熊本をまくって制覇すれば、松山、奈良では差しを決めて3連覇。前回の佐世保でも林成人―菊池崇の3番手から2着に突っ込んで、優勝戦の連対率は100%だ。「体にいいことを色々試して、体調がものすごくいい」とニヤリ。その口元から歯を矯正するための針金がのぞく。「以前は練習したら背骨に太い鉄板が入ったみたいで疲れが残ったけど、今は首から腰にかけてスッキリしている」と、その効果が表れ、前期に逃したS級へ気合が入る。
(掲載された記事です)