当クリニックでは、従来ならば手術を伴うような著しい“骨格性不正咬合(重度の受け口や開咬)”に対して、できるだけ手術をしない矯正歯科治療を行っています。
特にわが国において多く見られる、反対咬合(受け口)や、前歯がかみ合わない開咬などについても、手術を行わない矯正歯科治療で、非常に良好な治療結果を得ています。
手術でないと治らないと思っている方矯正治療だけで治る可能性があります。当院まで一度ご相談ください。

著しい骨格性不正咬合の改善について

不正咬合のなかでも前後的異常を示すものに上顎前突や下顎前突があります。
また、垂直的異常を示すものに前歯部が咬み合わない開咬や咬み合わせが非常に深い過蓋咬合があります。
特に開咬を示す不正咬合の治療は従来より最も難しいものとされ、これまで多くの歯科医を悩ませてきました。
そして、この不正咬合の症状は上顎(上アゴ)と下顎(下アゴ)の三次元的な骨格的ズレが大きくなればなるほど症状も重篤なものになってきます。 このように著しい骨格的な異常を伴うような不正咬合の中で反対咬合を示す受け口の矯正治療は成長中の子供のときから長期にわたって経過観察や治療を 行ってきました。

近年、このような大きな骨格的ズレを伴うような不正咬合に対しては成人になってから積極的に外科手術を行い、骨格的な調和を整えて機能的な改善を おこなったり、また、顔貌の審美的な改善を行い不正咬合の改善を行っています。 ところで、矯正治療においても従来の治療法に比べて、歯列弓全体の 個々の歯の位置を三次元的にコントロールすることによってより大きな骨格的な改善が得られるようになってきました。
即ち従来ならば手術を行って治療してきたような著しい不正咬合に対して矯正治療のみで前後的、垂直的改善が可能となってきました。また、こうした治療法 によって従来の治療法であれば小臼歯の抜歯が必要とされてきたケースに対しても極力抜歯の本数を減らすことが可能となりました。
こうしたことから当院においては矯正治療で治療が可能であればできるだけ手術をしない方法を採用したいと考えています。
特に重度の受け口や開口などの治療に大きな効果が見られ、こうした治療に当院では積極的に取り組んでいます。

従来の治療法の限界

通常反対咬合の治療法は上の前歯を前方に傾斜させ、下の前歯を後方に傾斜させて反対被蓋の改善を行なっています。そのために下顎の途中の歯を左右一本ずつ抜歯をして空隙をつくり下の前歯を後方に傾斜させて被蓋の改善を行なっています。(図1)
しかしこうした従来の治療法は大きな骨格的なズレを解消する場合には治療は困難です。

図1 通常の反対咬合の治療
上の前歯を前方に、下の前歯は抜歯をしたスペースに後方移動させて咬み合わせを改善。

A 治療前
B 治療後

図2の患者さんは、受け口と開咬の両方の症状を伴っていて、図1の症状に比べ上アゴと下アゴの間の前後的、垂直的問題が見受けられます。上の歯は大きく前方傾斜し、下の前歯も後方傾斜を示し、互いに前後的ズレを補うように受け口特有の症状を示しています(Dental Compensation)。
こうしたことから、通常の治療法である上の前歯を積極的に前方に傾斜させことは困難です。
また、下の前歯についても同様で、すでに大きく後方に傾斜していることから、さらに抜歯(通常第一小臼歯)をして後方に歯を傾斜させることも困難です。(図2 B)

図2 従来の治療法の限界
重度の反対咬合は上下のアゴのズレ(前後的、垂直的)が大きい。
上の前歯を前方に、下の前歯を後方移動には限界がある。

A 重度の受け口
B 治療に限界 手術?

その結果従来の抜歯による治療法を用いることはできません。そしてアゴの手術となってしまいます。しかしながら患者さんが外科手術を強く希望しないことから 当院では独自の方法でこうした複雑な症状の改善を行なっています。